読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近未来ハッピーエンドのお考察

f:id:yukyanjpn:20170513002507j:plain

CYaRon!のニューシングル「近未来ハッピーエンド」もう買いましたか?

前回に引き続き本当に素晴らしい出来となっております!曲も相変わらず中毒性高いしね!Aqoursほんとこういうメロディ作るの得意だよね!

Aqoursの曲ってね、メロディーが良いから何回もリピートしたくなっちゃうんだよね!初見微妙でも何回も聴いてたらあれこれ100回目だとか、もうね、好き。(語彙力不足)

今回の曲のテーマは、「恋の応援歌」です。古事記にもそう書いてある。

 

でも、それはあくまで表のお話...

とりあえずね、歌詞を見て頂きましょう。こちらのサイトに載ってました。

ameblo.jp

とりあえず、恋の応援歌として見ていきましょう

ひとりだけを 目が追いかけてる
周りに人がたくさんいても ひとりだけ
そんな恋を 今しているんだね
隠さなくてもいいんだよ
応援しちゃうよ 全力で

語りかけてる相手は誰でしょう?この歌を聴いている人?それともAqoursメンバー?はたまた...?

 "隠さなくてもいいんだよ 応援しちゃうよ全力で"

恋なんて隠す必要ねえんよ!友達なんだから相談しろよ!的なニュアンスですかね。何とも心強い。

きっと伝わりますように
(両想いのハッピーエンド)
だって幸せに笑うとこが
見たいと思うんだ 
きっと伝わりますようにってさ

 語りかけてる相手の恋を願いつつ、もう既にハッピーエンドがビジュアルとして浮かんでいるのかな?プロである。

願うわたしにも 遠くない未来
出会いをくださいな 
…でもそれはおまけだし とにかく
大事なのは 君のその恋だよ ぜったい 
叶えて!

 自分の願望も少し漏れつつ、おまけと一蹴してやっぱり「君」の恋大事だよ!絶対叶えて!と〆る。そこまで献身的だと逆にCYaRon!の恋を応援したくなる。

※以下、CYaRonが語りかけてる相手を「君」とします。

と、まあ見れば普通の恋の応援歌である。なんでもない、沼津の少女達が一人の恋を応援する、なんとも健気な歌である。

でもね、僕気づいちゃったんだ。この曲ね、

恋の応援歌を建前にした、ラブレターですよ、これ。

まず最初の歌詞。

ひとりだけを 目が追いかけてる
周りに人がたくさんいても ひとりだけ
そんな恋を 今しているんだね
隠さなくてもいいんだよ
応援しちゃうよ 全力で

 多分気になった人もいると思う。

なんで「ひとりだけを目が追いかけてる」って分かったの?

なんで周りに人がたくさんいてもひとりだけ見てるって分かったの?

なんでそんな恋をしてるって分かったの?

そんなんずっと見てないと分かんないよね?

これ、もう言うまでもないよね。CYaRonもまた、「君」を目で追いかけてるんですよ。それを裏付けるかの様に、「隠さなくてもいいんだよ 応援しちゃうよ全力で」と、「私が一番「君」のこと分かってますよ」とマウンティング。

近くに住んでいるの?
(どんな人だろ?)

敵情視察である。

きっと伝わりますように
(両想いのハッピーエンド)
だって幸せに笑うところが
見たいと思うんだ 
きっと伝わりますようにってさ 
願うわたしにも 遠くない未来
出会いをくださいな 
…でもそれはおまけだし とにかく
大事なのは 君のその恋だよ ぜったい 
叶えて!

ここの場面では「幸せに笑う所が見たいと思うんだ」と。ここは多分本音だと思う。もちろん「君」を想うが故の。

でも、「願うわたしにも遠くない未来 出会いをくださいな」と、自分の願望もちょっと混じってる。ここは「出会いをくださいな(チラッチラッ」である。あわよくば「君」を自分の手中に収めたいと思っちゃってるんですよ。

「...でもそれはおまけだし」で、「いやいや何考えてるんだ私...」って改めてるんですよね。3点リーダは一瞬の葛藤を表してるんだと思います。(ここの部分は歌詞カードで確認しました)

そんな恋にいつか落ちたら 
君にいちばん最初に 打ち明けるからね

「君」に恋してるんだから、「君」に最初に打ち明けるのは当然である。「そんな恋にいつか落ちたら」と言っているのは、まだ打ち明ける勇気がない故の言い訳。

決め手はここの歌詞。

ずっと憧れてたんだもん
(運命のハッピーラブ)
だから幸せになってみせてよ
困っちゃうくらいに
ずっと憧れてたんだもんとは
なんか言いながらも恥ずかしいな
恋ってステキだね

 普通に見たら「恋する事に憧れてた」と取れるけど、ここまでの話を聞くと解釈が変わってくる。「憧れてる相手」とは「君」であり、その意は単純な憧れではなく、恋である。つまるところ、もうここ告白だよねほとんど。

タイミングよきに告白しちゃうんでしょ?
ねえはやく ねえはやく 
チャンスはいつだろねっ

 ここも、「恋を応援してる」という建前があるが故の、半分やけくそ的な歌詞にも見える。

きっと伝わりますように
(両想いのハッピーエンド)
だって幸せに笑うところが
見たいと思うんだ 
きっと伝わりますようにってさ 
願うわたしにも 遠くない未来
出会いをくださいな 
…でもそれはおまけだし とにかく
大事なのは 君のその恋だよ ぜったい 
叶えて!

 ここに来てまた同じ歌詞。多分、誰かに恋する「君」への、最後の抵抗(告白)。

「こんなに「君」のこと考えてる人が近くにいるんだよ!!」ってめっちゃアピールしてる。でもやっぱり誰かに恋してる「君」からすれば、私の「君」への恋はおまけだよね、と考え直す。やっぱり大事なのは君の幸せだよ!絶対叶えてね!と。「私の恋を諦めてまで応援したんだから絶対成功させてよね!」とも取れる。

 

この曲の裏の主旨としては、「君」の恋を応援したいという気持ちと、「君」に振り向いてもらいたいという矛盾に葛藤する少女を描いてるのかなあと。どちらも「君」を想うが故で、最終的には自分の恋より、「君」の幸せを選んでるし、すっごい儚い曲だと思います。

 うーん...やはり畑亜貴、神である(いや、もしかして僕が考えすぎなだけか)

 

ここまで書いておいてなんですが、ぜーんぶ僕の妄想なんで、あんまり過信し過ぎずに、自分の解釈を大事にしてくださいね!良かったら、ツイッターで感想とかくれるとすっごい励みになります!